ファミ蔵通信トロフィー部

トロコンまでの目安になれば幸いです

Curse of the Dead Gods トロコン難易度

トロフィー難易度

B 77点 難しい

所要時間

B 80時間

時間は大きく個人差がでます。性質上50時間~という感じです。自分に合った戦い方、武器の選択も大きく左右します。ボスのノーダメージクリアもあるので、アクションが苦手な方はセーブデータのバックアップを取ったとしても厳しいかもしれません。ノーダメージはプレイスキルというより事前準備や計画の方が重要なタイプです。

見捨てられた武器が2つ見つけられませんでした。アンダーワールドの達成率が98%なのが心残り。トロフィー的にはこの状態でトロコン可能です。

プラチナまでの道のり

概要

本編ノーマルクリア後、敵と罠が強化されたハードモードをクリアしストーリーが完結します。トロフィー的にはハードモードも最後までクリアする必要があります。このハードモードクリアの🏆「評決」自体取得率0.1%ととても難しいです。

さらに寓話(図鑑のよなもの)を完成させる🏆「回顧録」が本作一番の鬼門。各ボスノーダメージクリアを10回・ラスボス5回ノーダメージクリアする必要があります。特にラスボスのノーダメージはとても難しく、心が折れるところかなと思います。

ラスボスノーダメ参考動画

時限要素

ありません

トロコンに向けて

前提としてPSplus等でセーブデータのバックアップを取ってやることが現実的。ラスボスまで30分かかり、ワンミスで終わるので持てる知恵は使っていきましょう。また、情報がほとんどないのでそこも難易度が上がっている要因でもあります。

オススメ武器

①全滅、狂気の弓

ラスボスノーダメも狙える、筆者イチオシ武器。最大溜め撃ちが範囲攻撃+ノックバックが優秀。範囲は自分も被弾なので距離は取る事。弱攻撃のスタミナ消費は激しいが、チキン戦法も可能。特に最大溜め撃ちは連続して撃つと、コンボが継続扱いになりボスに4~5撃ち込めることもあるので体で覚えてほしい

②血の涙、生命吸収の大槌

固定アビリティに、クリティカルでHP回復10%がついた特大剣。ノックバック性能も有り優秀だがボス戦は他の武器も組み合わせないときつい場合がある。道中だけなら十分いけます

③死の牙、ハートシーカー

ラスボスやノーダメージクリアには不向きであるのが最大の欠点だが、それ以外は快適。火力を伸ばせば相当安定して進めることが出来る。スタミナ燃費がよく、貫通弾であるのも魅力。

その他

雷属性武器は扱いやすく、範囲攻撃になりうるため汎用武器でも化ける可能性はあります。特にノックバック付きのハンマー系はビルドによっては呪い装備に匹敵する

個別トロフィー

トロフィーチャート

  1. まずは拠点を成長させます。祝福は「知恵の神」「シシュアルの意思」「巧妙なキル」「蛇の懸賞金」を優先的に取得。祭壇は両手武器を中心に上げていきましょう。
  2. ステージ10(ラスボス)を目指す。ここの闘志で拠点素材を稼げるので目標とする
  3. イベントは拠点が成長してからじゃないと安定してクリアできないので、呪い武器が持ち出せるようになってからクリアを意識する。それまではお試しでお遊んでいて問題ない。リアル1日で最大3イベントまでストック。
  4. 慣れてきたら道中のザコ・ボスをノーダメージで倒せるように心掛けよう。寓話の完成にそれぞれノーダメージでの討伐が求められるようになります。ザコ(エリート)対象になるので最初から意識してノーダメージで道中を進行するようにしましょう
  5. ハードモード(難関コース)に取り掛かる。序盤から火力を意識し進める事で安定。HP回復手段も1つないと厳しい。
  6. ハードモードのラスボスを倒す。
  7. ノーマルモードで各ボス・ラスボスのノーダメージクリアを挑戦
  8. この時点でほとんどトロフィーは取れているが、寓話のザコ・ボスの完成とスペシャルイベントが終わっていないと思うので、イベントはクリア優先、ボス・ザコはステージ10「死の神々の目覚め」を中心にノーダメ周回しよう

レビュー

見下ろし型ローグライク系アクションゲーム。同系統のゲーム「Hades」に酷似している。ストーリーの会話等はほとんどなく、淡々とダンジョンに潜ってはの繰り返しだが、飽きの来ない作りになっている。持ち帰った素材で拠点を強化していき、徐々に強い状態でスタートできるようになる楽しさもある一方、素材が余った時の活用がないのが惜しい。アクションはパリィ・回避と武器によってプレイスタイルが結構変わるので色々な楽しみ方が出来るのは良い

最大の欠点は翻訳。翻訳の統一性がなく、何を指しているのか少し考えないとわからない。例として、攻撃力を表す「器用」というステータス、この器用も一瞬攻撃力?となるが、説明によっては「熟練度」となっていたり、トロフィー表記は「機敏」ともなっている。もちろん武器の説明やアビリティに関しても同様だ。

ゲームとしての面白さは高いが、全体として完成度を高めてほしかったが十分楽しめる作品ではあります。

戦闘     90 バランスブレイカー武器が無いのが良い

ストーリー  67 シンプル

グラフィック 75 見づらい所はない

システム   80 ボリュームは少ない

ローカライズ 43 翻訳が無理

スコア  71

関連記事

Curse of the Dead Gods 個別トロフィーメモ

Curse of the Dead Gods 見捨てられた武器一覧 

Curse of the Dead Gods 遺物一覧

Curse of the Dead Gods 呪い一覧

Curse of the Dead Gods ステージとボス攻略

Curse of the Dead Gods ラスボスノーダメ講座

類似タイトル

PS4/PS5 HADES トロコン難易度