ファミ蔵通信トロフィー部

トロコンまでの目安になれば幸いです

キングダムカムデリバランス・ロイヤルエディション トロコン難易度

f:id:trozo:20210821163203j:plain

トロフィー難易度

B 78点(DLC含む) 難しい

所要時間

A 250時間(DLC含む)

※ロイヤルエディションでは4つのトロフィー付きDLCと難易度ハードコアトロフィー・闘技場トロフィーが含まれています。本編(プラチナ)だけなら100~150時間といったとこでしょうか。

f:id:trozo:20210820061326j:plain
プラチナまでの道のり

基本的にDLCも考慮したものとなります。

時限要素

多くの時限要素があります。サイドクエストやメインクストの選択、NPCの殺害や対処も影響するものもあります。ストーリーをまたいでの大がかかりなものまで1周で網羅するのはとても無理ですので、ある程度絞って周回することになります。

セーブデータは3種類「オートセーブ」「重要クエストのスタート時と終了時のセーブ」「手動セーブ」これらが40個以上保存されます。序盤のデータもきっちり残るので巻き戻してトロフィーを取りに行くことが期待できる仕様になっております。上限セーブデータ数が決まっていますので、オートセーブ部分が増えていくと手動セーブの枠が減り、上限に達している場合古いオートセーブは消えていきますが、手動セーブ・重要クエストセーブは残るので安心です。セーブデータにはクエスト名が書かれているので、どの地点に巻き戻るか確認しやすいと思います。

自分の場合はクエスト終了時のセーブは利用価値が少ないので消してセーブ枠をある程度確保するなどしていました。また、手動セーブするには「救世酒のシュナップス」が必要となります(1回セーブごとに1つ必要)。序盤では貴重なのですが、錬金スキルを上げて自作するか、値は張りますが売り出されていることもあります。

計画的な周回

基本的に周回で引き継げるものはありませんが、難易度ハードコアと不利効果(デバフ)を持った状態で始める「弱くてニューゲーム」的なものがあります。難易度ハードコアかつすべての不利効果を選択した上でゲームをクリアするトロフィー「ハードコアヘンリー」「楽勝」があります。

また、1人も殺害せずにクリアする「慈悲深き者」、ロマンスを起こさず独身を貫きクリアする「純潔」(浴場やクエストがらみのロマンス関係の選択も断る・もしくはクエスト自体を避ける・メインクエストのゴドウィン神父との酒飲みも断る必要があります)。これらのことだけを考えると大雑把に以下の計画が考えられます。

 

1周目(目安120~170時間) ゲームを楽しみつつ様々なクエスト・探索・スキル上げなどを網羅するつもりで気づいたトロフィーを解除していきます。

2周目(目安30時間) 1人も殺害せずにロマンスを避けメインクエストクリアを目指す。集団戦闘は味方に任せ、いくつかのクエストも殺害を避ける工夫が必要になる。説得や魅力で乗り切れるクエストも多いので活用しよう。この過程で1周目に取りこぼしたもので殺害やロマンスに関係ないもので取れそうなものは多少意識しましょう。

3周目(目安60時間) 難易度ハードコアでかつ不利効果全持ちでクリアを目指す。ハードコアだとスキルの上りがにぶく、説得の要求数値も上がり、敵も強化・商店の価格なども高くなっています。さらにファストトラベル不可・マップに自分が表示されない(地味にきつい)・オートセーブなし・クエスト目的地が表示されないなど結構シビアです。メインクエストで何人か強キャラが存在し、それに勝てるだけの筋力なども上げる必要がある。説得などで解決できるものも多いが、避けられない戦闘もいくつかある。

2周目と3周目は順不同だが、ハードコアの方が難しかったので先にノーキルクリアをし、メインクエストの記憶が新しいうちにハードコアに挑むのがおすすめです。ロイヤルエディションの場合、メインクエストの最終フラグと登場NPC「ハンス・カポン」が被るため、そちらのサイドクエストをクリアしないとエンディングに迎えない場合がありますので、もしエンディング前に目標フラグが立たない場合はハンスカポンの一連クエストDLC「ハンス・カポン卿の向こう見ずな愛の冒険」を終わらせてみましょう。

重要な注意点

今から記していくのは自分自身が独自に起こった現象の可能性もあるため、同じような現象に遭遇した時の参考に留めておいてください。(セーブデータ等の管理は自己責任でお願いします)また、ネットで色々調べても情報が出てないので、実際に起こった事と実際に行った対処法を出来るだけ詳しく書いておきます。

1周目をクリアし2周目を始めたところクエストクリアに必要なイベントアイテムがなかなか見つからず、あれ~?っと疑問に思っていたのですが、サブイベントだったので無視して続けていました。2周目は1人も殺害をせずにクリアを目指していたので、メインクエストをサクサク進めていたところ、とあるメインクエストでイベントアイテムが出現しませんでした。このクエストのクリア方法はNPCを殺害するか、イベントアイテムを渡して生きて脱出というものになります。イベントアイテムが何度やっても出ず、殺害以外でクリア出来ないので1人も殺害せずにクリアも達成できない詰みの状態になりました。仕方ないのでこの周回を諦め、他のトロフィー取得に切り替えて進めていたところ今度は、別のメンクエストでイベントアイテムが出現せず、進行不能に陥り完全に詰んだ状態になりました。発売元のDMMゲームズに問い合わせたところ、現状を回復するような有用な解決策は得られませんでした。

ここからは自分の判断で、セーブデータが膨大になり処理落ちが起こったと考え、1周目のプレイライン(セーブデータ)を一旦PSプラスのアップロードで保存し、本体ストレージのセーブデータを全部消し(システムデータは残しました)、新規にやり直したところ、正常にイベントアイテムが出現するようになりました。ゲームデータの再インストールだけでは直りませんでしたので、オープンワールドでありがちな膨大なデータの負荷がキャパを超えたと考えるのが自然ではないでしょうか。これにより50時間近くのタイムロスがあっただけにトロコンした時の達成感と解放感は尋常じゃなかったです。もし同じような状況に陥った場合、最後の手段として参考になれば幸いですが、あくまで自己責任でお願いします。

上記の独特な不具合以外の重大なバグは無かったです。これだけの大ボリュームのオープンワールドにしてはむしろ少ない方だと思います。

レビュー

中世歴史系オープンワールド系RPGにして本格的なリアリティは圧巻。どこか懐かしい成長要素 や人間関係、残酷でもあり、感動的でもあるシーンの連続にオリジナリティ溢れるシステム。戦闘システムは賛否が分かれるところではあるが、リアリティとオリジナリティがうまく融合した神ゲー候補と言っても言いぐらいに熱中できた。

ファストトラベルやフィールドも作りこまれており、緊張感のある探索、昼夜・空腹など様々なリスクに対処しつつ冒険する醍醐味は時間を忘れさせる。特にDLC「ある女の運命」のストーリーは個人的に胸に刺さった。

日本語版ローカライズはDMMゲームズが担当しており、日本語訳、本編部分体感90%以上のフルボイス(その辺の村人までボイスあり)でいい仕事をしていた。世界史系ストーリーとオープンワールドが好きな人には手に取ってもらいたいが、尻上がりに面白くなっていくので面白さに気づく前に挫折する可能性も秘めており万人受けとはならないだろう。

戦闘     69 囲まれるとあっという間にピンチ

ストーリー  94 サブクエ1つとっても深い

グラフィック 77 ひと昔前の色調だが細部まで丁寧

システム   84 PS4だと気になるロード時間(とろ蔵はPS5でプレイ・採点はPS5の後方互換時)

ローカライズ 90 侮れないDMMゲームズ

スコア  83