ファミ蔵通信トロフィー部

トロコンまでの目安になれば幸いです

Fallout4 GotY トロコン難易度

f:id:trozo:20210821155841j:plain

トロフィー難易度

C  62 ふつう

所要時間

A 150時間

※DLCも含めた評価となっています

GotYとは、「Game of the Year」の略で、毎年ゲームアワードによって授与される賞です。Fallout4は2015年の2位に選出された(1位はウィッチャー3)ことを記念し発売されたのがこちらの「Fallout4 GotY」となりますが、当ブログでは全てのDLCも含めた完全版という意味も兼ねております

f:id:trozo:20210820061624j:plain

プラチナまでの道のり

非常にボリュームの多いゲームでトロコンしたとしても、やり切れていない部分が多く残るほど膨大です。また、オープンワールドにはありがちですがトロフィーの達成とゲームの目的がミスマッチで、本来選びたい選択とトロフィー達成上選ばなければならい選択が混在します。トロフィー目的という意味では不向きですが、ゲーム自体よく出来ておりますのでチャレンジしてみてください。

また、難易度によるトロフィーはありませんので、好きな難易度で進めましょう

ストーリー関係のトロフィー

Falloutの世界には大きく4つの派閥が存在します。メインのストーリーに4つの派閥クエストが合流し主人公はそのいずれかの勢力に協力・敵対しながら目的を達成していきます。ここで問題なのが、敵対するとその勢力のクエストが進行不能となるため、同時にその派閥のトロフィーも達成できないため、計画的なクエスト進行が必要になってきます。ストーリー部分だけでも非常に複雑なので、個別にまとめてみましたので、よろしければこちらを読んでください。

Fallout4 GotY 派閥クエストの分岐とトロフィールート - ファミ蔵通信トロフィー部

基本的には1周でトロコンまでは可能ですが、ある程度起点となるセーブデータに巻き戻ってやることになります。

収集系のトロフィー

🏆「…これはアクションフィギュアだ」Vault-Tecボブルヘッド20個集める

本編マップの各地・ストーリーの多岐に渡って全20個配置されている。取得することによるスキルアップやステータスの底上げにもなるので、積極的に探してみよう。最初に訪れた時に丁寧に探索していると後々楽になる。全20種の取得場所の動画をまとめてみましたので、詳細はこちらでどうぞ

🏆「島民年鑑」雑誌’島民年鑑’をすべて集める

DLC「Far Harbor」地域に5冊配置されている。取得することによりPerkを習得できるので積極的に探してみよう。こちらも動画でまとめてありますので、よろしければどうぞ

Fallout4「島民年鑑」全5冊取得場所 - YouTube

🏆「屠書係」雑誌’SCAV!’をすべて集める

DLC「Nuka-World」地域に配置されている全5冊の雑誌「SCAV!」を全て集める。こちらも取得することによりPerkを習得できるので積極的に探してみよう。こちらも動画でまとめてありますので、よろしければどうぞ

Fallout4 雑誌「SCAV!」全5冊取得場所 - YouTube

🏆「ビバレッジャー」ヌカ・コーラの異なる味を20種類作成

ヌカ・コーラを作るには、DLC「Nuka-World」地域に存在する15種類のレシピを回収する必要があります(うち5種類は最初から所持)。作成はヌカ・ミキサー・ステーションで行います。居住地のワークショップでも設置できるので、そちらで作っても構いません。こちらも動画でまとめてありますので、よろしければどうぞ

Fallout4 ヌカ・コーラのレシピ全15種取得場所 - YouTube

トロフィーチャート

  1. 時限要素のあるストーリー関係のトロフィーから解除していくと負荷も減っていくと思うので、ストーリー分岐辺りのセーブデータを残しながらクリアを目指す
  2. 連邦(本篇部分)におけるマップの収集物や諸々のトロフィーを解除していく。ストーリークリアを目指すと自然と達成しているものも多かった印象。
  3. だいぶ資金や資源がたまっている状態ならば、居住地関連のクラフト系のトロフィーを開始してもいい頃。DLC「Automatron」・DLC「Wasteland Workshop」・DLC「Contraptions Workshop 」・DLC「Vault-Tec Workshop」辺りがそれに当たる。

    Fallout4 GotY DLC「Wasteland Workshop」「Contraptions Workshop」トロフィー解説 - ファミ蔵通信トロフィー部

  4. DLC「Far Harbor(ファーハーバー)」を開始する。地域的に独立しているので、中途半端に進めるより腰を据えてやった方がクエスト的にはスッキリ出来る。DLC「Far Harbor」の発生条件は、メインクエスト「Getting a clue」を完了すると、ラジオに「バレンタイン探偵事務所無線」が追加されるので、それを聞くと「Far from home」が発生し、ファーハーバーに繋がる。もしくは直接連邦北東の「ナカノ邸」行くと会話が聞こえてくるのでその流れで、クエストを受注してもファーハーバーにたどり着く
  5. DLC「Nuka-World(ヌカ・ワールド)」を開始する。ファーファーバー同様地域的に独立している。難易度は高く、本編クリア程度でも充分苦戦する設定になっているので覚悟して挑もう。DLC「Nuka-World」発生条件は、主人公レベルが30以上になったら受信できる「ヌカ・コーラ・ファミリー・ラジオ」を聞くことでクエストを開始することが出来る。逆に言うと、ラジオを聞かなければ開始しないので、他のストーリーや用事に目途が立った段階で開始するといいだろう。

レビュー

文明崩壊後の2287年ボストンを舞台としたfalloutシリーズ7作目。多くのオープンワールドゲームをやってきましたが、その中でもボリュームはかなり大きい方だと思います。核のゴミ、放射能の問題をいまだ抱えた荒廃した世界の中で、味方とも敵ともなりうるキャラクターと利害を見つけながら進めていくリアリティーは没入感があってよかった。

アクション面では銃をメインとしていて、そのカスタムも豊富な上に、分かり易くとっつきやすい。ただクラフト面での拠点づくりや人員配置など説明不足と複雑さは否めない。ゲームが進行していくうちに分かっていくが、序盤の詰まる要素になる可能性は高い。

マップはよく出来ており、クエストのマーカーなどRPGに必須の機能は標準的に備わっているのは安心。インターフェイスは世界観からなのか、少しシンプルすぎるかなとは思う。HPのバーや、色、文字など、安っぽさは気になった。

オープンワールド好きなら十分に楽しめ、やりこむに値するものだと思います。

戦闘     81 武器の切り替えもスムーズ

ストーリー  93 大きな決断を迫られ引き込まれる

グラフィック 75 見やすいが美麗ではない

システム   65 UI(インターフェース)が旧式

キャラクター 86 個性豊かで魅力的

スコア    80